PayPay使い方

【安い!】ワイモバイルで不景気対策!携帯料金を下げましょう!今ならPayPayがもらえる。

コロナショックで不景気が続くことが予想されているなか、スマホ料金などの固定料金を抑えておきたいとお考えの方も多いのではないでようか。

そんな皆さんにおすすめなのが格安スマホの「ワイモバイル」です。

ワイモバイルは格安なのに、電波・スピードはソフトバンクと同じというメリットを兼ねそなえたNo.1格安スマホです。

料金プランはシンプルに3種類、最も安い料金で約2100円、スタンダードなプランで約3100円、最も高いプランで約4100円と大手キャリアの電波品質で、この料金はかなりお得だと思いませんか?

そして3月31日までの期間、新たにワイモバイルで契約をするとPayPay残高がもらえるキャンペーンも実施中。

スマホ料金を少しでも安くしたい方は、3月31日までにワイモバイルへ乗り換えを検討しましょう。

当記事では、ワイモバイルで携帯料金安く維持する方法とお得に契約する方法について解説します。

格安ワイモバイルで携帯料金を下げて不景気対策を行いましょう

ワイモバイル料金表

携帯料金を安くする方法は「家族2回線以上で利用する」+「SプランまたはMプラン」までにおさえる事が大切です。

2回線以上の契約があれば「家族割」が適用され毎月500円の割引を受けられるメリットがあり、Sプラン・Mプランは大手キャリアと比較しても、かなり安い料金設定となっています。

「Sプラン」と「Mプラン」が安くてお得

ワイモバイルの料金プランは「S・M・R」の3つあり、Sから順に安く通信量にのみ違いがあります。

  • Sプラン→月間データ量4G(13ヶ月目以降3G)
  • Mプラン→月間データ量12G(13ヶ月目以降9G)
  • Rプラン→月間データ量17G(13ヶ月目以降14G)
Sプラン(家族割あり)月間データ量4G 初めの6ヶ月1480円→7ヶ月目以降2180円
Sプラン(家族割なし)月間データ量4G 初めの6ヶ月1980円→7ヶ月目以降2680円
Mプラン(家族割あり)月間データ量12G 初めの6ヶ月2480円→7ヶ月目以降3180円
Mプラン(家族割なし)月間データ量12G 初めの6ヶ月2980円→7ヶ月目以降3680円
Rプラン(家族割あり)月間データ量17G 初めの6ヶ月3480円→7ヶ月目以降4180円
Rプラン(家族割なし)月間データ量17G 初めの6ヶ月3980円→7ヶ月目以降4680円

全プラン初めの6ヶ月間は700円の「新規割」が適用され、7ヶ月目以降から通常料金へと戻ります。

通常料金へ戻っても2回線以上の契約がある方は「家族割」が適用され続けますので、Sプランは月々2180円、Mプランは3180円と大手キャリアよりもお得な料金設定となっています。

Rプランに関しては、データ量に対して料金設定が高めなので格安スマホを利用するメリットが無いと言えますが、複数回線のうちの1回線だけをRプランして家計のトータルコストは下げられているのであれば問題ないと言えるでしょう。

家族3名で利用し、1回線3500円以内に抑えれば月々10500円で携帯料金を維持することも可能です!!

また、タブレットや他のスマホと回線を共有する「テザリング」もワイモバイルは無料でご利用頂けます。大手の場合は手数料500円以上かかるオプションですがテザリングまでも格安料金で使えるのは大きなメリットと言えるでしょう。

通話料が10分間無料

 

ワイモバイルは格安料金なのに「10分以内の国内無料通話が全プランに適用されます。

10分以上の通話には追加料金がかかりますが、10分以内であれば「かけ放題」と大手キャリアと比較すると大きなメリットとなります。

この料金で10分間無料は凄い!!

なお、時間を気にせず無料通話をしたい方は「LINE電話」などの無料サービスを使用するか月額料1000円の「スーパーだれとでも定額」の利用をおすすめします。

60歳以上の方は時間を気にせず国内通話がかけ放題となります。「スーパーだれとでも定額」が無料で適用されますので、60歳以上の名義で登録できる方は是非このお得なサービスをご利用ください。

家族2名以上で利用すると毎月500円割引

ワイモバイルでは2回線以上の契約で「家族割」が適用され、毎月500円割引をそれぞれの回線で受けることができます。

格安料金から500円割引が受けられるのは大きなメリットとなり携帯料金をグーンと下げるられますので、ワイモバイル検討中の方は2回線以上の契約をおすすめします。

また、ソフトバンク品質が確保されているワイモバイルであれば、出張などがある大人の方でも不便はありませんので安心してご利用いただけます。

ワイモバイルの家族割は、別住所のご家族や親戚、同棲中のカップル(同一住所)でも家族割が適用されますので、スマホ料金を安くしたい方はワイモバイルを複数回線で契約することをおすすめします。

 

ワイモバイル公式ページ

 

ワイモバイルをお得に契約する!今ならPayPayがもらえます。

ワイモバイルの契約は、お得に契約が3月がおすすめです!

人気端末やSIMがおトクに買える「春の大感謝セール」が3月31日まで開催中!

【キャンペーン期間】

2020年3月31日(火)まで!

【キャンペーン対象】

SIMのみ契約でもPayPayボーナスをプレゼント↓↓

(新規契約の場合)
・スマホベーシックプランM/R:3,000円相当のPayPayがもらえます

(MNP契約・乗換え)
・スマホベーシックプランM/Rの場合:6,000円相当
・スマホベーシックプランSの場合:3,000円相当
※ソフトバンクからの番号移行は対象外

 

【人気スマホがおトク】

新規・他社からののりかえでスマホベーシックプランM/Rのご契約なら、人気のスマホがおトクに購入できます!!

iPhone 7が18000円割引

・32GB:26640円(一括) ※定価から18,000円割引!
・128GB:37,440円(一括) ※定価から18,000円割引!

Androidスマホが割引
・Xperia8:32,400円(一括) ※定価から18,000円割引!
・P30 lite:10,800円(一括)  ※定価から12,960円割引!
・Libero S10:5,400円(一括) ※定価から18,360円割引!

上記のようなお得なキャンペーンが3月末日まで開催されていますので、ワイモバイル検討中の方はお早めにどうぞ!

公式オンラインストアなら事務手数料3000円も無料!!最大で9000円相当の還元となりますので、入会予定の方はオンラインストアよりお申込下さい。

キャンペーンの詳細

大感謝セールはこちら

機種は契約は不要!SIMカードのみ契約する

ワイモバイルでは「SIMカード」だけの回線契約が可能です。

現在お使いのスマホをそのまま利用される方、もしくはSIMフリー機種を別途ご用意いただき、回線のみをワイモバイルで契約すると機種代金の上乗せがなくなりますので、月々の支払いが安く抑えることができます。

先ほども記述してとおり、SIM契約でも3月中は1回線あたり6000円相当のPayPayボーナスがもらえますので、お申込はお早めにどうぞ。

ワイモバイルは機種代も安い!セット購入

ワイモバイルの取扱機種は型が少し古い機種「安い機種」を取り揃えています。携帯料金を少しでも安く提供したいという考えですので、

最新機種を利用したい方は別店舗で「SIMフリースマホ」を購入しSIM契約を行いましょう。

ワイモバイルで機種と回線をセットで購入したい方は「契約時に一括支払い」もしくは「36回又は24回の分割支払い」から選択できます。

■iPhone7(契約例)

月々のお支払い額
機種代金賦払金(36回払い)(※24回払い)840円/月 (※1,260円/月)
料金プランスマホベーシックプランS2,948円/月
割引新規割(翌月から)-770円/月
家族割引サービス※最大適用時-550円/月
合計2,468円/月 (※2,888円/月)
月々のお支払い額
機種代金賦払金(36回払い)(※24回払い)740円/月 (※1,100円/月)
料金プランスマホベーシックプランM4,048円/月
割引新規割(翌月から)-770円/月
家族割引サービス※最大適用時-550円/月
合計3,468円/月 (※3,838円/月)

 

■Xperia8(契約例)

月々のお支払い額
機種代金賦払金(36回払い)(※24回払い)1,000円/月 (※1,500円/月)
料金プランスマホベーシックプランS2,948円/月
割引新規割(翌月から)?-770円/月
家族割引サービス※最大適用時-550円/月
合計2,628円/月 (※3,128円/月)
月々のお支払い額 
機種代金賦払金(36回払い)(※24回払い)900円/月 (※1,350円/月)
料金プランスマホベーシックプランM4,048円/月
割引新規割(翌月から)?-770円/月
家族割引サービス※最大適用時-550円/月
合計3,628円/月 (※4,078円)

 

Libero S10(契約例)

月々のお支払い額
機種代金賦払金(36回払い)(※24回払い)400円/月 (※600円/月)
料金プランスマホベーシックプランS2,948円/月
割引新規割(翌月から)?-770円/月
家族割引サービス※最大適用時-550円/月
合計2,028円/月(※2,228円/月)
月々のお支払い額
機種代金賦払金(36回払い)(※24回払い)150円/月 (※225円/月)
料金プランスマホベーシックプランM4,048円/月
割引新規割(翌月から)?-770円/月
家族割引サービス※最大適用時-550円/月
合計2,878円/月 (※225円/月)

 

選ぶ機種によって月々の支払い額が変動しますが、機種代金込みの上記のような契約ができるのは格安スマホのワイモバイルだからです。

家族4人で利用しても平均4000円以内に抑えることが出来れば、合計16000円で維持することが可能。

何度も言いますが、ワイモバイルはソフトバンク回線をそのまま利用しているので、他社の格安スマホとは大きく異なりますので、品質・価格ともにおすすめできる格安スマホなのです。

バイルを利用するならPayPay経済圏を活用しましょう!

ワイモバイルユーザーになると、PayPayが劇的に貯まりやすくなります。

その理由は、ワイモバイル契約中は特典としてYahoo!プレミアム会員が自動的に付帯されます。

Yahoo!プレミアム会員になると「Yahoo!ショッピング」「LOHACO」「Yahoo!トラベル」などのYahoo!ネットサービスで大きな優遇を受けることができますので、契約後は楽天やAmazonよりもお得なYahoo!ショッピングのご利用をおすすめします。

上記の画像のようにYahoo!サービスはPayPayでの還元が多くなり、貯めたポイント(PayPay残高)をスマホ料金に使うことも可能ですので、我が家では毎月一人分のスマホ料金はPayPay還元でまかなっています。

その他にもPayPayキャンペーンでもワイモバイルユーザーは優遇が受けられますので、一般ユーザーよりも還元率が高く、PayPayがとても貯まりやすくなります。

ワイモバイルはPayPayとの相性がとても良く、今後もさらに優遇されることが予想されますので、お住いの生活圏にPayPay加盟店が多い方やネットショッピングが好きな方は、ワイモバイルでPayPay経済圏をつくってお得に買い物をしましょう。

PayPay経済圏とは

PayPay経済圏はYahoo!サービスやPayPay決済でポイントが貯まりやすい環境をつくり、毎月お得に買い物をして多くのPayPay還元を受けることをさします。

ワイモバイルとPayPayについては下記の記事内で、さらに詳しくお得に利用する方法を記載していますので、参考にご覧ください!↓↓

ワイモバイル×PayPayは最強コンビ!スマホ料金が格安でペイペイもお得に使える「ワイモバイル×ペイペイ 」 LINEとの経営統合でさらに勢いを増すであろうPayPayをよりお得に利用するには、携帯キャリアもP...