PayPay使い方

PayPay(ペイペイ)は未成年・学生・子供でも使える!スマホ決済は家族で利用がおすすめ

PayPay(ペイペイ) 年齢制限の有無をカスタマーサポートに問い合わせた結果

私
質問です!PayPayのスマホ決済に年齢制限はありますか?
カスタマーサポート
カスタマーサポート
PayPayサービスは、ご利用者が未成年である場合でも、法定代理人の同意を得ている場合はご利用いただくことが可能です。
カスタマーサポート
カスタマーサポート
なお、PayPayをご利用いただく際は、ご本人様名義のお支払い情報をご登録いただいておりますので、
ご本人様名義のお支払い方法をご用意いただきご登録をお願いいたします。

ご覧のとおり、PayPayカスタマーサポートへ問い合わせた結果

スマホ決済サービスPayPayは未成年のお子様、学生の方でもスマホさえあればご利用が可能です

PayPayなどのスマホ決済サービスは、クレジットカードの後払いとは違い、事前にチャージ(前払い)をして残高を確保しているので、特に制限を設けられることはありません。

我が家もさっそく中学生の息子にPayPayアプリをダウンロードしてもらい、財布代わりに利用させる事にしました。

子供・学生でもPayPayアプリは利用可能!未成年者ペイペイの使い方

 

PayPayへの登録がまだの方はアプリのダウンロードをお願いします

↓PayPayに新規登録は下記のボタンよりどうぞ↓

↓iPhoneをご利用の方↓

iPhonen版ダウンロード
↓iPhone以外のスマホをご利用の方は↓

Android版ダウンロード

 

冒頭でもお伝えしたとおり、未成年の方でもPayPayの利用は可能です。未成年者の利用法について簡単に説明します。

PayPayの利用登録・使い方

カスタマーサポート
カスタマーサポート
なお、PayPayをご利用いただく際は、ご本人様名義のお支払い情報をご登録いただいておりますので、
ご本人様名義のお支払い方法をご用意いただきご登録をお願いいたします。

「お支払方法の登録が原則必要となっています」と難しく記載されていますが、特にややこしい設定はなく、チャージと呼ばれる入金作業、もしくは誰かにPayPay残高を送金してもらえばPayPayで支払いを行うことができます。

PayPayの支払い方法には大きく分けて「2つの方法」がありますが、18歳未満の方はクレジットカードを保有する事ができませんので、PayPay残高からの支払い方法を設定する事ができます。

なぜ、支払い方法を設定するかというと、先ほども記載した通りPayPayで決済を行うには事前にアプリ内に入金を行う『チャージ』が必要となります。

チャージ方法は下記の方法を参考に行ってみて下さい。

PayPay残高⇒銀行口座からチャージを行う

>>👉チャージ方法の詳細はこちら

コンビニチャージ⇒コンビニから現金チャージを行うことができる

👉コンビニチャージの詳細はこちら

家族から残高を送金してもらう

👉詳しくは後ほどご紹介

チャージ完了するとお店てPayPay決済が使える

PayPayへのチャージが完了すると、いよいよPayPay決済が可能になります。

レジでの支払いには2つの方法があります

①バーコードを読み取り方式

 

②QRコードスキャン方式

やはり動画での説明は分かりやすいですね。上記の2つの方法での使い分けはよく覚えておくようにしましょう。

PayPayが使えるお店はリンク記事をご覧ください。

話題のペイペイが使える店をご紹介!還元を受けられる加盟店はどこにある?誰でも分かるお店探しの方法 PayPay100億円あげちゃうキャンペーン第2弾は、100億円に到達したため前倒しで5月13日に終了する事が決定致しました! ...
ついにセブンイレブン参入!PayPayはファミマ・ローソンなどほとんどのコンビニでご利用できます。拡大されていくペイペイ加盟店に様々な業界も参入予定となっています。PayPayが利用できるコンビニ・ファミリーマートでのお得な利用方法をご紹介します。...

PayPayは家族で残高を分け合える!困った時は両親に送金をしてもらおう

PayPayアプリは家族間で利用するメリットが沢山あります。

PayPayを家族で使うメリット

・1人がチャージした残高を全員でシェア、分け合える事ができる

・PayPayで決済をするとポイントが貯まる

・利用した履歴を確認できるので家計管理を行いやすい

・急な用事があった時に送金する事ができる

・今後は残高を現金化も可能なので銀行口座代わりにもなる

PayPay残高を家族で分け合うメリット

チャージした残高を友達や家族と分け合える機能は、スマホ決済の一番の特徴で使い方によってはかなりお得にPayPayを利用出来ます。この機能を利用すれば未成年のお子様にも送金ができるので、お子様のチャージが不要となります。

なかでも、クレジットカードからもしくは銀行口座からチャージした残高を送金、分け合う方法は家族でPayPayを利用する事で家族みんなでPayPay還元を得る事ができます。

クレジットカードチャージのメリットは

  • 家族でチャージした残高をシェアする事ができる
  • 面倒なチャージがボタン一つで行える

クレジットカードチャージをした残高をシェアするメリット

  1. お子様や家族が困った時にクレジットカードチャージをした残高をすぐに送金できる
  2. 家族みんなんでPayPayの還元を受けることができる

以上のようなメリットがあります。

但し、この方法が利用できるのは、PayPayを運営する「Yahoo! JAPAN」発行のヤフーカードだけがクレジットカードチャージを認められています。

こちらのカード以外はクレジットカードからのチャージができませんのでご注意下さい。

おすすめ情報

詳しい内容は公式サイトをご覧ください。

Yahoo!JAPANカード 公式サイトはこちら

主婦、学生の方(高校生を覗く18歳以上の)でも応募が可能です。

PayPay残高を現金化が可能で銀行口座の代わりにもなる

チャージしたPayPay残高は現金に交換(払い出し)をすることも可能になりました。

ただし出金(払い出し)ができるのはPayPayマネーのみとなります

■PayPayマネーとは
本人確認後に銀行口座やセブン銀行ATM、ヤフオク!・PayPayフリマの売上金を利用してPayPay残高にチャージした残高です。
出金や、PayPay残高を送る機能、わりかん機能で友だちに送ることができます。

PayPayの払出機能ををうまく利用すると、銀行口座の代わりにもなりますのでとてもおすすめです。

PayPayを運営するYahoo!JAPANの子会社にあたる「ジャパンネット銀行」へ払出は、手数料無料、そして出金も即日できますので本当におすすめです。

ジャパンネット銀行以外への払出にかかる日数は、翌営業日〜4営業日と銀行によってまちまちとなりますので、払出機能を利用される方は即日現金化が可能なジャパンネット銀行を利用するようにしましょう。

学生の方でも口座開設ができます。必要書類、保険証などをご用意の上お申し込み下さい。

ジャパンネット銀行はこちら

PayPay残高を家族で分け合う方法

PayPayを送金するのは以下の手順で行います。

  1. PayPay残高を保有(チャージが必要)
  2. PayPay残高の種類を理解する
  3. 実際にPayPayを友達や家族に送る
  4. 受取り処理を行い完了

この3つのステップで送金お行います。

詳しい送金方法はこちらの記事でご確認ください👇

PayPayの送金機能が素晴らしい!家族や友達に残高を簡単に送られるペイペイは、今後の私達の生活を大きく変える革命的な通貨になるかもしれません。なかでも、「送金」と「現金化」については、便利な機能として多くの方に利用されるであろう素晴らしい仕様となります。当記事でこの2つ便利な機能について解説していきます。...

PayPay(ペイペイ)は未成年・学生・子供でも使える!【まとめ】

  • PayPayには年齢制限がない
  • 親の同意があれば誰でも利用ができる
  • 支払い登録が必要
  • クレジットカードが利用出来ない未成年者はYahoo!IDが必須
  • チャージ方法は「銀行口座」「コンビニチャージ」「クレジットカードチャージ」
  • 家族で残高を分け合う送金機能で、1名以外はチャージが不要
  • クレジットカードチャージの残高を家族で分け合うとポイントが貯まりやすい
  • PayPay利用ボーナスも獲得できる
  • PayPayは利用履歴が残るので家計管理が行いやすい

PayPayは大人から子供まで利用が可能です。

今後、キャッシュレス化はさらに加速していく事が予想されますので、みなさんもPayPayで便利な体験をしてみてはいかがでしょうか。

PayPayへの登録がまだの方はアプリのダウンロードをお願いします

↓PayPayに新規登録は下記のボタンよりどうぞ↓

↓iPhoneをご利用の方↓

iPhonen版ダウンロード
↓iPhone以外のスマホをご利用の方は↓

Android版ダウンロード