キャンペーン中!最大12000円分のTポイントが貰える!PayPayチャージはyahoo!カードがお得
PayPay使い方

PayPay(ペイペイ)上限の緩和へ!承認済みカードは25万まで利用可能に

PayPay(ペイペイ)は昨年12月から不正利用対策の一環としてクレジットカード利用の上限額を設け運用していました、2月12日より一部緩和される事になりました。

詳しく解説していきます。

PayPay(ペイペイ)クレジットカードの決済上限を5万円から25万円まで緩和

いつもPayPayをご利用いただき、ありがとうございます。

2019年2月12日より、ご利用状況や弊社所定のルールなど特定の条件を満たしたお客様に限り、お客様の「表示名」の左隣に「青いバッジ」が表示されるようになりました。

特定の条件を満たしたと弊社が判断し、「青いバッジ」の適用対象となったお客様は、本人認証されたクレジットカードでの決済上限金額と、本人認証されたヤフーカードでのチャージ上限金額が、過去24時間および過去30日間で25万円までに引き上げられます。

(旧)(バッジ適用対象のお客様)
2万円
(過去24時間)
25万円
(過去30日間)


5万円
(過去30日間)

 

・特定の条件を満たしたと判断されたユーザーには「青いバッジ」
・本人承認済みのクレジットカード決済の上限=25万円/月

・本人上限済みのクレジットカードチャージの上限=25万円/月

※ヤフーカードのみクレジットチャージが可能となっています。

PayPay(ペイペイ) 上限緩和へ必要な「青いバッジ」とは

今回の改正は、簡単にまとめると以下の内容となります。

  1. 特定の条件を満たして「青いバッジ」を与えられたユーザー
    ※アカウントにて確認(アプリ内)
  2. 青いバッジ+PayPayにて本人認証を行ったクレジットカードを登録で25万円の上限
  3. 青いバッジ+PayPayにて本人認証を行ったヤフーカードを登録で25万円のチャージ上限

※青いバッジはPayPayアプリ内[アカウント]にて確認ができます。

上記画像の青い☑バッジの表記がある方がクレジットカードの「本人認証」をPayPayアプリ内で行った場合のみ25万円まで上限が引き上げられるという事です。

青いバッジが無く、本人認証を行ったカードの場合は月5万円までの上限

・青いバッジがあっても、本人認証を行っていないカードの場合は5千円の上限

●本人認証がされたクレジットカードでの決済上限金額(青バッジなしの方
・2万円(過去24時間)
・5万円(過去30日間)

本人認証がされていないクレジットカードでの決済上限金額(青バッジの有無に限らず
・5千円(過去24時間)
・5千円(過去30日間)

25万円上限利用に必要な本人認証サービスとは

本人認証サービス(3Dセキュア)

インターネット上でクレジット決済を行うために、

  • Visa「Verified by Visa」
  • Mastercard「Mastercard SecureCode®」
  • JCB「J/Secure(TM)」
  • American Express「American Express SafeKey®」

が推奨している本人認証のためのサービス(※1)です。

お客様がインターネット上でお買い物等をされる際、クレジットカード番号等の入力に加えて、「お客様が事前にご利用のクレジットカード会社のホームページ上で登録したパスワード(※2)」もしくは、「ワンタイムパスワード」を入力いただくことにより、本人認証を行い「なりすまし」等の不正利用を防ぐことができます。詳しくはご利用のカード会社ホームページをご覧下さい。

PayPay登録クレジットカードは、こちらの3Dセキュアによる本人認証設定を行わなければ、月の上限額が5千円までとなってなってしまいますので、必ず設定を行いましょう。

3Dセキュアに対応していないクレジットカードは、「本人認証」がご利用頂けませんのでご注意下さい!!

本人承認設定方法はこちらをご覧下さい。

ヤフーカードの利用上限は25万円+クレジットチャージで50万円まで引き上げ

ヤフーカード

決済25万円(過去30日間)
チャージ25万円(過去30日間)
合計50万円(過去30日間)

上記のとおり、ヤフーカードはクレジットカードチャージが可能なので、実質50万円までのご利用が可能となります。
※クレジットカードチャージでもクレジットカードポイントが貯まるのでお得です。

クレジットチャージを行ったPayPay残高は、本人以外のご家族や友人へPayPay残高を送金する事ができます。上限が25万円へ引き上げられた事で、家族で1枚のクレジットカードから分配することできるので、チャージを行う必要がなくなります。

PayPayはあげられる・送金機能がすごい!ペイペイ現金化で生活が大きく変わるペイペイは、今後の私達の生活を大きく変える革命的な通貨になるかもしれません。なかでも、「送金」と「現金化」については、便利な機能として多くの方に利用されるであろう素晴らしい仕様となります。当記事でこの2つ便利な機能について解説していきます。...

ヤフーカードは、『キャンペーン第2弾』でも優遇がありますので、まだお持ちでない方はお早めにどうぞ。

※入会特典で10000円分のTポイントが貰えます!
※高校生を除く18歳以上の学生・主婦の方などでも申込みが可能です

ヤフーカード公式ページ

 

銀行口座からのチャージ・ヤフーマネーについては上限は無し!

銀行口座からのチャージ及びヤフーマネーからのチャージには上限がありませんので、PayPayで高額決済を行いたい場合は、銀行口座からのチャージ又はヤフーマネーへの入金が必要となります。

100億円あげちゃうキャンペーン第2弾は、銀行口座からチャージしたPayPay残高もしくはヤフーカードを利用した決済がおすすめですので、上限についてはあまり気にしなくて問題ありません。

※ヤフーカード利用者は、本人認証サービスが必須ですので設定を行って下さい。

【完全版】PayPayチャージのやり方と一番お得で便利なペイペイ利用方法を解説。PayPayの便利な機能を最大限に活かす為にはチャージはとても重要なポイントとなってきます。1番お得なチャージ方法も解説していますので是非参考にして下さい。...

 

5万円の上限でPayPay利用者は激減

PayPayへ登録したクレジットカードで支払いを行うとクレジットカード側の還元+PayPayボーナスの2つのポイントを2重取りができるのは大きなメリットでした。

利用可能店舗では、クレジットカード単体で支払うよりもPayPayに経由させて支払った方がお得なので、PayPayを利用しているユーザーは沢山いるはずです。

そんな中、上限を設けられるとなると利用するユーザーは激減する可能性が高くなります。現金でのチャージのみ上限がないという事は、PayPay払いをするよりもクレジットカードで決済をした方がお得なのでわざわざPayPayを使う意味がなくなるのです。

PayPayの上限は不正利用対策で設けられた

この5万円ルールは、不正利用問題の対策の為に設けられたようです。

不正利用問題は、PayPay登録者のカード情報が流失し不正利用が行われたのではなく、過去になんらかの形で流失したカード情報をPayPayアプリに流用し不正利用が行われたという見解が濃厚となっていますが、

PayPay側のクレジットカード登録システム上にも問題があり、カード情報の登録の際に「セキュリティコードやカード有効期限」を何回でも繰り返し入力することで、他人のカード情報を不正に登録する事ができたという見解もあります。

この事を受けた上で、被害がこれ以上広がらない為の一時対策として、上限が設けられたのだと思います。

この改正はユーザーにとってメリットになる可能性も

「クレジットカード不正利用の対策を講じるまでの間」上限が設けられるわけですが、今回の不正利用などのセキュリティの弱さを初期段階で気づけたという点では、良かったんじゃないでしょうか。

PayPayがこのままのセキュリティで普及してしまった際に、更に大きな被害を生んでいた可能性があります。今回の不正利用の件でPayPayがセキュリティ強化に本格的に乗り出すことは長期的にみると安心して利用できるという大きなメリットになるかもしれません。

PayPayの今後の対応次第では「スマホ決済サービス」そのものが揺らぎかねないかもしれません。上限5万円これは正直、使い物にならないレベルの改悪です。このままでは、せっかく集めた利用者が離れていく前に早急な対応が必要です。