PayPayキャンペーン

PayPay(ペイペイ)アプリの使い方や使える店のまとめ!スマホ決済のメリット・デメリットも徹底解説。

テレビやネット上で話題沸騰中のPayPay(ペイペイ)

その理由は、PayPayで決済を行うと、支払い額の20%がキャッシュバックされるキャーンペンが実施されいるからです。家電や旅行代金、コンビニの買い物などペイペイアプリで決済するだけで20%が返ってくるというもの凄いキャンペーンで一気に知名度をあげました。

そもそもペイペイとは何?と思われてる方も多いと思いますが、ペイペイはスマホが財布の代わりになる新たなスマホ決済アプリ。スマホ一つで買い物や送金ができる機能を兼ね備えた新世代のスマホ決済サービスです。

アプリの特徴・主な機能

・スマホ1つで決済ができる

・PayPay残高を友達や家族とシェアができる

・PayPayを現金に交換できる

・PayPayで決済するとポイント還元される

こちらの記事では、人気急上昇中のペイペイの使い方や使えるお店、おすすめの機能などを誰でも分かるように詳しく解説します。

目次

PayPay(ペイペイ)最新キャンペーン情報

PayPayのキャンペーン情報を随時更新致します。

PayPayアプリ・新規登録で500円分プレゼント

現在行われているキャンペーンは、PayPayアプリをダウンロード後に登録を終えると500円分のPayPay残高が全員にプレゼントされます。

登録方法はこちら

スマホ決済・PayPay(ペイペイ)アプリとは

PayPayはスマホ1つで買い物ができる新たな決済サービスです。

通信大手ソフトバンクとネット大手Yahoo!JAPANが共同経営するPayPay株式会社がスマホアプリを開発し運用が開始されました。

スマホ決済サービスは既に海外では、かなり普及しており日本はかなり遅れを取っていましたが、通信大手のソフトバンクが参入した事で、これから猛スピードで普及していくことが予想されます。

PayPayアプリをスマホ内にダウンロードを行い支払い方法を設定するだけで、スマホ1つで決済、買い物ができるようになる便利なアプリケーションです。

PayPayの普及が進むとスマホさえあれば、財布を持たずにお出かけが出来るキャッシュレス時代がやってくるのかもしれません。

PayPayアプリおすすめの使い方・ランキング

送金・譲渡機能でPayPayを友達などに送ることができる
PayPay残高にチャージした金額(PayPayライト)は、友達や家族に送金(譲渡)ができます。
メリット割り勘や離れた場所にいる家族にPayPayの送金ができる
ポイントPayPayライトの残高保有・チャージが必須
使い方送金機能の使い方はこちら
PayPayで決済するとボーナス還元が与えられる

PayPayで決済を行うとPayPayボーナスが還元されます。PayPayに登録する各種クレジットカードなどにもポイントが貯まる為、ポイントの2重取りが可能となります。

メリットPayPay経由で支払うと還元率が高くなる
ポイント利用店舗によってはポイントの3重取りも可能となる
使い方ポイントのお得な貯め方はこちら
スマホで支払い・決済ができる
PayPayアプリをダウンロードし登録を行うと、PayPay加盟店でスマホ決済が可能となります。クレジットカードをお持ちでない方も事前にチャージ(入金)をしておくとスマホでPayPay決済が誰でもできるようになります。
メリット支払い時にペイペイでお願いします!スマホの操作一つで支払い完了
ポイント加盟店が増えれば財布が要らない時代がやって来るかもしれません
使い方PayPayアプリの使い方はこちら

 

PayPay(ペイペイ)が使えるお店が増えると便利な世の中になる

PayPayなどのスマホ決済サービスの特徴はキャッシュレスで精算ができる事ですが、他にも残高シェア(送金)ができる点、このあたり利便性もこれから電子決済を急増させる1つの理由かもしれません。

PayPayが便利な理由
  • クレジットカードがなくても事前入金(チャージ)を行うとPayPay決済が誰でも使える
  • PayPay残高を家族や友人に譲渡(送金)ができる
  • PayPayが普及すると財布がいらなくなる
  • 新たにPayPayの現金化が可能となる

PayPayが全国で普及すると、スマホさえあれば現金やクレジットカードの持ち出しが不要になり、子供や家族が出先で困っていても送金機能を利用する事でタイムリーに残高を移行させる事ができ、買い物や移動手段などに利用できます。

これこそがPayPayの一番の魅力なのかもしれません。

PayPay(ペイペイ)が使える店(加盟店)まとめ

PayPay(ペイペイ)が使える加盟店は、毎日続々と増え続けています。なかでも人気のある加盟店はこちらです。

PayPay(ペイペイ)おすすめの人気加盟店ランキング

おすすめ1位 ファミリーマート
おすすめ度
特徴全国に多くの店舗があり気楽に利用ができる
おすすめの理由多くの人が利用でき、Tポイントが貯まる
詳しい情報https://gori109.xsrv.jp/2018/11/28/paypay-conbin/
おすすめ2位 ヤマダ電機
おすすめ度
特徴全国に店舗が多くあり、値引き交渉やポイント還元が高い
おすすめの理由値引き交渉が容易でポイント還元率が高い・Apple製品の取り扱い有り
詳しい情報https://gori109.xsrv.jp/2018/12/05/paypay-yamada/
おすすめ3位 ビックカメラ
おすすめ度
特徴都市部に店舗を構える品揃えが豊富で安いお店
おすすめの理由量販店では安さ№1でポイント還元率も高い・Apple製品取り扱い有
詳しい情報https://gori109.xsrv.jp/2018/12/03/paypay-bigcamra/

チェーン店・加盟店舗一覧

PayPay加盟店一覧PayPay加盟予定
白木屋ファミリーマートミニストップ(12/17より)
魚民HISポプラ(12/13より)
笑笑ヤマダ電機松屋
千年の宴エディオンウエルシア
福福屋ビックカメラドラックセイムス
月の宴Joshin(ジョウシン)ドラッグイレブン
くろ〇コジマ新生堂
月の花ソフマップ三和交通
魚萬ベスト電器東海交通
横濱魚萬マツヤデンキ一件め酒場
めでた家TSUKUMOたんまや水産
kocoroya100萬ボルトてもみん
山内農場第一交通アインズ&トルべ
鳥のGeorge黒田×めでた家アインズ
魚銀北海道魚萬WINDSOR
歌之助豊後高田どり酒場HappyDoor
ホルモンおいで和民JEANS
うちくるにくスタOUTDOOR
みつえちゃんTEXMEX FACTORYearth
モンテカフェまぐろko`e
目利きの銀次鳥メロGENKY
メガネドラッグミライザカLIPSandHIPS
江の島タクシーイタリアンGOHANグローバル治療院
HOTEL MYSTAYSWANG’S GARDEN
FLEXSTAY INNFRIDAYS
MONTHLY RESI STAYSMac-House

 

PayPayが使える家電量販店

人気の家電量販店では、いち早くPayPayを導入しスマホ決済に対応してきました。ヨドバシカメラ、ケーズ電機以外の大型店ではPayPay決済が可能です。

ビックカメラ

ビックカメラではApple商品など金券を除く全商品がPayPay決済の対象となります。

ビックカメラでは、支払い方法によってポイント還元が異なり、PayPayの場合は8%のビックカメラポイントが付与されます。

【PayPay決済方法】:QRコードをスキャン

ビックカメラの店舗検索はこちら

ヤマダ電機

ヤマダ電機も全店舗でPayPay決済が可能です。Apple商品はビックカメラよりも少し安く購入ができます。

ヤマダ電機を利用するのであれば、絶対に値引き交渉を行うようにしましょう。

ヤマダはポイント不要、現金値引きも依頼できるのでポイントが不要な方は、現金値引きでお願いしますとお伝えしましょう。

Apple製品=ポイント5倍
通常家電=ポイント10倍

【PayPay決済方法】:バーコード読み取り

ヤマダ電機の店舗検索はこちら

ジョーシン電機

関西で人気の量販店ジョーシンでもPayPay決済が可能です。

ジョーシンは関西を中心に店舗数を増やし続けており、現在では関東などにも店舗があります。

山形県・東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県・新潟県・長野県・富山県・石川県・福井県・愛知県・岐阜県・静岡県・三重県・大阪府・兵庫県・京都府・滋賀県・奈良県・和歌山県・岡山県・徳島県

【PayPay決済方法】:バーコード読み取り

エディオン

エディオンでもPayPayが導入済みです。

地域密着型のエディオンは価格は高めですが、アフターサービスがいいので常連客が多い量販店です。

エディオンの店舗検索はこちら

コジマ

安値日本一のコジマもPayPayが導入されています。

ビックカメラ系量販店なので、価格、品揃い共に申し分ないお店です。

【PayPay決済方法】:QRコードをスキャン

コジマの店舗検索はこちら

PayPayが使えるコンビニエンスストア


大手コンビニチェーンでは、ファミリーマートがPayPayをいち早く導入し、既に利用が可能です。

ファミリーマート

全国に多くの店舗を持つファミリーマートでは、PayPayで支払うとポイントの3重取りが可能です。

  1. ファミリーマートでは通常時、Tポイントカードを提示すると200円の買い物で1ポイントが還元されます。還元率は0.5%ですね。
  2. Tカードを提示しPayPayで支払った場合は、Yahoo!カードからクレジットチャージした残高もしくは、登録のクレジットカードで支払った場合は、カードの利用分のポイントも付与されます。
  3. PayPayで支払った場合は、更にPayPayボーナス0.5%も付与されるので

ミニストップ

ミニストップ株式会社(本社:千葉県千葉市 代表取締役社長:藤本 明裕、以下:ミニストップ)は、2018年12月
17日(月)より、新たな決済手段として注目を集めているスマートフォンを活用したバーコード決済サービス「楽天ペイ
(アプリ決済)」「PayPay」「LINE Pay」を、国内のミニストップ(2018年10月末現在:2,225店)にて導入します。
また導入にあわせ、各種サービスが実施するキャンペーンも同時に実施します。

12月17日より全国のミニストップでもPayPayの取り扱いが開始されます。

ミニストップはWAONが貯まるお店ですので、WAONポイント又はJMBWAONを貯めているJALマイラーの皆さんは、ミニストップがおすすめです。

ポプラ

ポプラはコンビニ店舗数10位とかなり店舗数が少く地域が限られているので、ご存知でない方も多いのではないでしょうか?

ポプラ店舗検索より:http://www.poplar-cvs.co.jp/shop_search/

ご覧のとおり、東北や東海・四国地方にはポプラの店舗がほとんどありませんので利用者は限定されると思いますが、ポプラを利用する際もPayPay決済が可能となります。

セブンイレブン・ローソン

コンビニ大手のセブンイレブンローソンの参入は今のところ発表されていませんが、今後参入する可能性は十分にあります。

ファミリーマート・ミニストップではバーコードなどの読み込み対応のデバイスをいち早く導入しPayPayや楽天Pay・LINEPayなどの決済にも順次対応予定です。その他コンビニでも早急に対応をしてくる可能性が高いでしょう。

HISの旅行代金にPayPayが使える

HISではインターネットと店舗で旅行商品を販売していますが、PayPay決済は店舗での旅行商品の購入で利用が可能です。

PayPay決済はHIS店舗での購入のみ対応

HISでは12月1日より全店舗でPayPay決済が可能となっています。

https://gori109.xsrv.jp/2018/12/02/paypay-his/

お店探しはアプリの検索機能がおすすめ

お店探しはアプリ内のお店検索機能がおすすめです。使える美容室や飲食店を簡単に探す事ができます。

ペイペイが使えるお店をアプリで探す方法

・PayPayアプリのトップ画面左下に全国のお店一覧が表示されています

・[全国のお店一覧]をタップすると地図が表記されます

・地図上のPayPayマークをタップすると使える店の名前が表記されます

・表記されたお店をタップすると店舗情報を見る事ができます

ご覧のように簡単に使える店舗を探すことができます。

GPS(位置情報サービス)が便利

位置情報機能を使えば、今いる場所の近くのお店をピンポイントで見つける事も可能です。

今後は、地域・ジャンル別の加盟店検索機能があればなお良いのですが、現在はこの地図上に表記される機能のみ提供されています。

飲食店・居酒屋で使える店が多い

店舗検索を行ったところ最も多いジャンルは飲食店・居酒屋のPayPay加盟店でした。

私の住んでいる町でも、今までクレジットカードが使えなかった居酒屋がPayPayを導入されていて、現金以外の決済があるのはお客にとっては便利な事だと実感しました。

美容室でもPayPay加盟店が増加中

美容室でもPayPayの導入が進んでいます。

最近ではクレジットカードが使えない美容室も減りましたが、店舗検索では美容室のPayPay加盟店が多く見られました。

高校生や大学生でもPayPayのスマホ決済は使う事ができるので、今後も美容室の加盟店は増えていくでしょう。

ネットショッピング・オンライン決済にも対応

PayPay株式会社が提供するスマホ決済サービス「PayPay」は、2019年2月にオンライン決済に対応し、これに伴い、ヤフー株式会社の運営する「Yahoo!ショッピング」「ヤフオク!」では2019年2月から、また、アスクル株式会社の運営する「LOHACO」では2019年4月から、「PayPay」を決済手段の一つとして導入する予定です(※1)。
「PayPay」はこれまで、バーコードやQRコードを使った実店舗での決済サービスを提供してきましたが、eコマースなどインターネット上のサービスでも利用できるようになります。

また、2019年4月から、「Yahoo!ショッピング」「ヤフオク!」「LOHACO」「Yahoo! JAPANカード」の4サービスのキャンペーン等で付与している期間固定Tポイント(※1、2、3)を電子マネー“PayPay”(※4)の付与に変更します。“PayPay”は、「PayPay」を導入している実店舗(※5)とインターネット上のサービスの両方で使用できます。なお、ヤフーの各種サービスで付与している通常のTポイントは、2019年4月以降も継続します。
https://about.yahoo.co.jp/pr/release/2018/11/30b/

2019年2月からYahoo!ショッピング・ヤフオク・LOHACOでも使えるようになります。ますますPayPayが便利になります。

同時にキャンペーンが行われる可能性が高いので今後のオンライン決済にも注目です。

PayPay(ペイペイ)の使い方・まとめ

PayPayの使い方

PayPayはスマホ一つで決済ができる新しい次世代の決済方法です。

■使い方

  1. PayPayアプリをダウンロード
  2. 登録を行う
  3. 支払い方法の登録(下記のいずれかでOK)
    ・クレジットカード
    ・預金残高チャージ
    ・Yahoo!マネーの登録
  4. お支払い

PayPayはクレジットカードをアプリ内に登録を行っておくと、アプリを経由しクレジットカードから決済が行われます。

クレジットカードが無くても、銀行預金口座からチャージを行うと、1円→1payで計算され1000円をチャージした場合、PayPay残高が1000となります。

Yahoo!マネーをお持ちの方はヤフーマネーをペイペイ口座に移す事も可能です。

・手数料は無料
・PayPay口座にチャージされた残高は、PayPay加盟店で1PayPay=1円
・1000PayPay=1000円の支払いに利用出来ます

PayPayアプリをダウンロード・登録方法

 

・Apple storeからのダウンロードはコチラ

・Google playからのダウンロードはコチラ

登録に必要なもの

  1. PayPayアプリ
  2. 携帯電話番号

    ※SMS承認が可能な携帯番号が必要です。

 

Yahoo!(ヤフー)IDとの連携の必要性

お支払い方法としてYahoo!マネーを利用する場合や、PayPay残高にチャージ(入金)を行う場合はYahoo! JAPAN IDとの連携が必要です。

・上記のサービスを利用する方は、PayPayアカウントとYahoo! JAPAN IDとの連携が必要です。⇒詳しい連携方法はこちら

※ヤフーIDをお持ちでない方は作成が必要です。
ヤフーIDの作成はコチラから行えます

・アプリに登録したクレジットカードのみで支払いを行う場合は、Yahoo!JAPAN IDは不要です。

・ソフトバンク・ワイモバイルユーザー・ヤフープレミアム会員の方は、キャンペーン実施期間中はYahoo!IDと連携させるようにしましょう。

決済・支払には3つの方法がある!

  1. PayPay口座の残高からお支払銀行口座からPayPay口座へ入金(チャージ)を行い支払う
  2. ヤフーマネーの残高から支払い
  3. クレジットカードをアプリに登録し支払う

PayPayはこの3つの支払い方法に対応しています。

決済の基本ルール

PayPayの支払いは、優先的に決済が行われる順番があります。

①PayPay残高⇒②ヤフーマネー③クレジットカード

①②③の順番で優先的に決済に使われます。

①PayPay残高があれば優先的にPayPay残高から支払われます。

①の残高不足の場合は⇒②ヤフーマネーから引き落とされます

②ヤフーマネーの残高がない場合は⇒③登録済みのクレジットカードから引き落とされます

③クレジットカードで支払いたい場合は、①②の残高が不足している場合のみクレジットカード決済が行われます。但し①②の残高があっても残高より高額決済の場合は、クレジットカードから支払われます。

レジでのPayPayの使い方について

レジでの支払いには2つの方法があります

①バーコードを読み取り方式
②QRコードスキャン方式

バーコード読み取り方式で決済

①バーコード読み取り方式での支払い

TOP画面
[コード支払い]

バーコド読み取り方は、コンビニや大型店舗で採用されています。QRコードスキャン方式では、利用者の操作が必要ですが、こちらのバーコード支払いは[コード支払い]を提示するだけで、店員さんがピッと読み取ってくれるので簡単に決済が行えます。

QRコードスキャン方式で決済

お店にPayPayの専用QRコードがある場合は、下記の手順で支払いを行います。

◇QRコードをスキャナーして決済を行う

・[スキャン支払い]をタップ

・お店の専用QRコードを読み取る

・金額を入力し店員さんに確認後⇒支払うをタップ

以上の手順で支払いが完了します。

QRコード払いは支払額を自身で入力する必要があり、入力後に店員さんに間違っていないかの確認を行わなければいけないので、少し手間と時間がかかります。

QRコード決済は導入にかかるコストが0円(タダ)で提供されるので、小売店などの小さい店舗のほとんどが、こちらのQRコード決済方式となるでしょう。

クレジットカードでの支払い方法

多くの方が利用されているのはクレジットカードからの支払いです。

PayPayアプリ内には事前にクレジットカードが登録できるようになっており、クレジットカードを登録しておけば、PayPay加盟店で利用の際に自動的にクレジットカードから決済が行われます。

■PayPayアプリへクレジットカードを登録手順はとても簡単です。

① ホーム画面左上にあるメニューアイコン[≡]をタップします。

② アカウント画面の中央あたりにある[支払い方法の設定]をタップします

③ [クレジットカードを追加]をタップします

④カメラが起動されるので画面にカードを読み込ませます

⑤[カード番号を直接入力する]でも登録可能です

④ 入力完了後に[追加する]をタップして終了です

チャージしたPayPay残高から支払う方法

PayPayチャージとは

銀行口座やクレジットカードの残高をPayPay残高に移すことをチャージするといいます。

①銀行口座
銀行口座からのチャージは銀行口座の残高をPayPay残高へ

②クレジットカード
クレジットカードからのチャージはカード利用枠をPayPay残高へ

③コンビニATMからのチャージ

チャージは、この3つの方法があります。

詳しいチャージ手順は⇓⇓記事を参考にして下さい。

【完全版】PayPayチャージのやり方と一番お得で便利なペイペイ利用方法を解説。PayPayの便利な機能を最大限に活かす為にはチャージはとても重要なポイントとなってきます。1番お得なチャージ方法も解説していますので是非参考にして下さい。...

 

PayPay(ペイペイ)を使いこなすにはチャージが重要

今までクレジットカードばかり利用してきた方にとって「チャージ」という言葉は聞きなれないと思いますが、これから急速に普及してくるスマホ電子決済サービスでは「チャージ」が重要となてきます。

チャージを行った方がいい理由
  • クレジットカードがなくてもPayPayを利用できる
  • PayPayはチャージを行い、残高を確保する事で様々な利用方法がある
  • チャージした残高は家族や友人など誰でもシェア・送金が可能
  • 今後、出金機能も拡充され現金化も可能となる

クレジットカードをお持ちでない方でもPayPayは利用できます。またチャージを行った残高はPayPayライトと呼ばれる残高へ割り振られるので便利な使い方ができるのです。

PayPayライト・PayPayボーナスとは

PayPayには2種類の残高が存在します。「PayPayライト」と「PayPayボーナス」です。

・PayPayライト=家族や友達にも送金可能で制限がないPayPay残高

・PayPayボーナス=期間や利用方法が制限されたPayPay残高

PayPayボーナスは、決済時に還元されるボーナスポイントです。送金など一部の機能が使えない制限があるPayPay残高となります。PayPayボーナスの有効期限は2年間有効ですので、2年以内に加盟店で利用する分には問題はありません。

PayPayライトの特徴は、便利な機能に使える事です。PayPayを友達や家族へ送金できるメリットがあります。PayPayライトはチャージを行う事で残高を保有する事ができます。

クレジットカードチャージがお得

クレジットチャージとは

クレジットカード利用枠からPayPay残高へチャージを行うことができます。

チャージされた残高はPayPayライトとなります。

クレジットカードチャージのメリットは

  1. クレジットカード側でもポイントが還元される
  2. 家族で残高をシェアする事でクレジットカードのポイントが貯まりやすい
  3. 1枚のカードで家計管理が行いやすい

https://gori109.xsrv.jp/2018/11/29/paypay-yahoo-card/

ヤフーカードとは
チャージが行えるカードはヤフーカードだけ

チャージができるカードは、どのクレジットカードでも出来るわけではございません。

クレジットチャージを利用するには「ヤフカード」が必要となります。PayPayはソフトバンク・ヤフーが運営しているサービスなので他社カードでチャージを行えるようにしてしまうと、チャージにかかる決済手数料をPayPay側が負担する必要が出てきますので、どうしても難しくなってしまいます。

ヤフーカードでのチャージは運営が同じ会社なのでチャージ手数料無料が成り立つのです。

銀行口座からチャージ手順のやり方

銀行口座からのチャージは提携の銀行口座からのみ行えます。

提携銀行口座

ジャパンネット銀行・みずほ銀行・三井住友銀行・りそな銀行・埼玉りそな銀行・ゆうちょ銀行・愛知銀行・青森銀行・秋田銀行・足利銀行・阿波銀行・池田泉州銀行・伊予銀行・岩手銀行・愛媛銀行・大分銀行・北日本銀行・紀陽銀行・京都銀行・近畿大阪銀行・熊本銀行・群馬銀行・京葉銀行・山陰合同銀行・滋賀銀行・四国銀行・静岡銀行・七十七銀行・親和銀行・十六銀行・常陽銀行・仙台銀行・大光銀行・第三銀行・大東銀行・千葉興業銀行・中京銀行・筑波銀行・東邦銀行・東北銀行・徳島銀行・鳥取銀行・トマト銀行・富山銀行・長野銀行・南都銀行・八十八銀行・百五銀行・百十四銀行・福井銀行・福岡銀行・北越銀行・武蔵野銀行・山梨中央銀行
三菱UFJ]銀行からのチャージは現在ご利用いただけません。
詳細はこちらからも確認できます。

PayPay残高へ銀行口座からチャージをする際は、Yahoo!ウォレットの預金払い用口座に登録されている金融機関口座から行います。

Yahoo!ウォレットの預金払い口座の登録が必要

手順1:PayPayとヤフーIDを連携させる
・PayPayアカウントとYahoo! JAPAN IDとの連携が必要です。
※ヤフーIDをお持ちでない方は作成が必要です。
※ヤフーIDをお持ちの方は手順2から
ヤフーIDの作成はコチラから行えます

手順2:Yahoo!ウォレット預金払いをご確認いただき、ご登録ください。
その後、登録したYahoo! JAPAN IDをPayPayアカウントと連携させご利用ください。

手順3:PayPayとヤフーIDの連携

  1. ホーム画面左上にあるメニューアイコン[≡]をタップします。
  2. 画面右上の [詳細を見る]をタップします。
  3. プロフィール画面の下部にある[Yahoo! JAPAN IDと連携する]をタップします。
  4. 連携したいYahoo! JAPAN IDでログインして連携をします。

まとめると
[ヤフーIDを作成⇒ヤフーウォレットの預金払い口座を登録⇒PayPayとヤフーIDを連携]

この3つの工程を終えると銀行口座からのチャージを行う事ができます。

ジャパンネット銀行とは

PayPayを便利に利用していく中でジャパンネット銀行の口座も必須アイテムとなります。

Yahoo!JAPANの子会社ジャパンネット銀行口座を保有しているとPayPayチャージがタイムリーに行う事ができます。ネットバンクと呼ばれる銀行口座ですので、スマホから振込み入金が可能となります。

今後、PayPayの新たな機能「現金化」はヤフーの子会社であるジャパンネット銀行の口座があれば手数料無料などの優遇も受けられる事が予想されますので、PayPayと相性の良いジャパンネット銀行は抑えておくべきポイントとなります。

ジャパンネット銀行詳細ページ

コンビニでもチャージができる

PayPayチャージは、コンビニからでも行えます。

コンビニからのチャージはPayPayに直接チャージを行う事は出来ませんが、ヤフーマネーにチャージを行う事でヤフーマネー残高をPayPay残高に移すことができます。

※買い物で利用する場合は、PayPay残高へのチャージは必要ありません。

【コンビニチャージ手順】
  1. Yahoo! IDを作成しYahoo!ウォレットページ⇒[チャージ]を選択します
  2. [コンビニでチャージ]を選択
  3. チャージ金額を設定し⇒[コンビニ支払い用の番号を発行する]
  4. 指定のコンビニで「お客様番号」「確認番号」を店頭端末に入力し、レシートをレジで提出し現金にて支払うとチャージは完了します
    (ファミリーマート・ローソン・ミニストップ・デイリーヤマザキなど)
  5. チャージ手数料は無料です

チャージしたヤフマネーはPayPayへチャージを行う事ができます。買い物の場合はヤフマネーから引き落とされるので、PayPayへのチャージは不要ですが、送金機能・割り勘などでPayPayを利用する場合は、ヤフマネー⇒PayPayへチャージを行う事で利用が可能となります。

PayPayアプリの送金・譲渡機能の使い方

paypay アプリの一番のおすすめ機能が、送金・譲渡機能です。

このサービスこそが、スマホ決済サービスの一番の特徴で今後みなさまにも利用して欲しい機能です。

この譲渡機能はアプリ口座のPayPay残高をシェアする事で、割り勘や家族が外出先で困っている時などにタイムリーに送金ができます。

友達と割り勘

友達
友達
美味しかったね。そろそろ帰ろうか
私
うん!お会計いくら?
友達
友達
5600円ちょうど。1人2800円だね
私
OK!PayPayで2800円送るね。ピッ!
友達
友達
届いた!これ超便利だね。
友達
友達
お会計お願いします。PayPayで払います!
店員
店員
PayPayですね。5600円になります。ピッ!

これで割り勘が完了します。細かい金額のやり取りが必要なくなります。

お出かけ中の家族に送金

お父さん
お父さん
財布を忘れたから駅まで持って来てくれないか?
お母さん
お母さん
子供の準備しているから少し時間がかかるよ
お父さん
お父さん
あーどうしよう遅刻するよ
お母さん
お母さん
そうだ!ペイペイ送金するね
お父さん
お父さん
ペイペイがあったか!ありがとう
お母さん
お母さん
はい!送っておいたから確認して。
お父さん
お父さん
おっもう届いた!これで昼ごはんは大丈夫だね。

このように家族が困っている時もpaypay残高があれば、タイムリーに送金する事ができます。

手順が慣れれば、1分もあれば完了しますのでぜひ皆様にも利用して頂きたいと思います。

将来的には子供がスマホ決済を行う時代が間違いなくやってきます。現金を渡すのではなく、スマホ決済サービスを利用する事でセキュリーティー面の安心。利用履歴を確認できる点でもこのようなサービスを利用するメリットがあるのです。

現金化が追加される

PayPayでは新たに、ペイペイ残高を出金できる機能が追加されます。この機能が追加されると、PayPayは少額の銀行口座代わりにもなります。

新たなPayPayマネーを保有していると、買い物での利用はもちろん、残高の現金化が可能となります。さらに送金までもできるようになれば、かなり便利な機能となります。

現金化と送金機能があれば、銀行口座の代わりにもなるでしょう。

PayPay(ペイペイ)は何歳(未成年)でも使える!年齢制限は無い

PayPayの利用条件には、年齢制限はありません。

PayPayカスタマサポートです。

PayPayサービスは、ご利用者が未成年である場合でも、法定代理人の同意を得ている場合はご利用いただくことが可能です。

なお、PayPayをご利用いただく際は、ご本人様名義のお支払い情報をご登録いただいておりますので、
ご本人様名義のお支払い方法をご用意いただきご登録をお願いいたします。

小学生や中学生・高校生でも親の同意があればPayPayを利用する事ができます。

登録の銀行口座などは本人名義でなければいけません。間違っても親の名義のクレジットカードを登録するのはNGですので注意して下さい。

未成年のPayPay利用方法

PayPayを利用するにはPayPay残高を確保する必要があります。

という事は必然的にチャージを行わなければいけません。

未成年でも行えるチャージ方法

  • 本人名義の銀行口座からチャージを行う
  • Yahoo!ウォレットに登録しヤフーマネーへコンビニから現金チャージを行う
  • 送金機能を利用し保護者から送ってもらう

銀行口座とYahoo!ウォレットの登録には年齢制限がありませんので覚えておきましょう。

近い将来スマホ決済が当たり前になると、中学生や小学生でもPayPay残高で決済を行うかもしれません。スマホ決済の場合は、利用明細がすぐにアプリ内に表記されるので管理面でも現金より取り扱い易いメリットもあります。

送金機能を使えば、出先で困った場合などにもタイムリーにお子様に送金できるので、トラブル対応の役に立つので未成年でもスマホ決済は個人的には利用していくべきだと感じています。

PayPayボーナスと各種ポイントを貯める方法

PayPayアプリに登録したクレジットカードで支払いを行うと、ポイントがめちゃくちゃ貯まりやすくなります。

  1. PayPay決済すると0.5%のPayPayボーナスが還元・付与されます
  2. PayPayに登録したクレジットカードからの支払いでクレジットカード側のポイントも貯まります
  3. Tポイントなど各店舗ポイントサービスも利用できる

PayPay決済を行う事で、ポイントの3重取りが可能となります。

※ヤフーカードからクレジットチャージを行う場合も、ヤフーカード側に1%の還元が付与されます

3つのポイントが貯まる

PyaPayボーナス・クレジットカードポイント・利用店舗のポイント

PayPayを利用すると3つのポイントが付与されます。

例えばファミリーマートで買い物を行った場合

  1. ファミリーマートでは通常時、Tポイントカードを提示すると200円の買い物で1ポイントが還元されます。還元率は0.5%ですね。
  2. Tカードを提示しPayPayで支払った場合は、登録のクレジットカード又ヤフーカードからクレジットチャージをしたPayPay残高で支払った場合は、カードの利用分のポイントも付与されます。例:ヤフーカードの場合は1%
  3. PayPayで支払った場合は、PayPayボーナス0.5%も付与されます。

この場合はポイント還元率は2%と、わずかですがお得にポイントを貯めることができます。

このように店舗側のPayPay・クレジットカード・店舗のポイントプログラムをうまく利用する事で3つのポイントを貯める事ができます。もちろん手数料は無料ですので、PayPayが利用できるお店ではPayPay決済を行う方がお得なのです。

スマホ決済・PayPayを実際に利用して感じたメリット・デメリット

PayPayは、まだまだ運用が開始されてまもないアプリです。良い点もあれば、悪い点や改善して欲しい機能があります。

実際に利用して感じたメリット・デメリットについての解説です。

PayPayのメリットは多機能で使いやすい

まずは、PayPayアプリのメリットについての解説です。

アプリひとつで色々な機能が使える

PayPayを利用するメリットは「アプリ一つで決済や送金」などの便利な機能が使える点です。

これはクレジットカードやデビットカード・電子マネー・キャッシュカードでは行えないスマホ決済サービスPayPayの最大のメリットと言えるでしょう。

使いやすいデザイン

PayPayアプリのシンプルで使いやすいデザイン性はさすがYahoo!とソフトバンクのノウハウが入っていると言えるでしょう。

少ない操作回数で多くの機能が使えるので、お年寄りの方でも簡単に使えるアプリとも言えるでしょう。

利用履歴がタイムリーで管理を行いやすい

PayPayなどのスマホ決済サービスは、利用履歴がすぐにアプリ上に反映されるので管理が行いやすいという特徴があります。

お子様の利用履歴の管理や家計の管理をアプリ内で簡潔に行える点は大きなメリットとなります。

PayPayのデメリットはここだ

次はPayPayを使ってみて感じたデメリットです。

加盟店が少ない

PayPayの本格的な運営は、2018年12月から始まったばかりですので利用可能店舗がまだまだ少ないと感じます。

しかし、12月だけでも小売店を中心にかなりの店舗が加盟店へ参入し、これからも更に増加して行く事は間違いありません。

その理由の一つが加盟店に対するキャンペーン「3年間決済手数料無料+導入手数料0円」です。これは、PayPayを導入するにあたり店舗側のデメリットがほとんどない強烈なキャンペーンです。このキャンペーンを行えるのは、多くの資金が使えるPayPayだからこそと言えるでしょう。

加盟店・使えるお店が少なければ、PayPayアプリがいくら優秀であっても使えなければ意味がありませんので加盟店を増やす事が最も重要となります。

QRコード決済が使いづらい

QRコード決済が使いづらい・・・。

これは、多くのユーザーが感じている事だと思います。

しかし・・・これは致し方ないんです。

QRコードは、スマホ決済を安くて簡単に導入する為の必要不可欠なアイテムとなります。

バーコド読み取り方式で普及させようと思うと、導入に費用がかかり店舗側の負担が大きくなるので導入店舗が減少してしまいます。

今はQRコード決済が、時間がかかって不便なものだと感じるかもしませんが、店舗側と利用者側が使い方に慣れてくると解消するのかもしれません。

セキュリティー面での不安

「セキュリティ」これはPayPay最大のデメリットだといえます。

クレジットカード不正利用問題や多重決済問題で今もなを解決がされてない事案があり、今は対策として

この対策はセキュリティ強化が完了次第、上限を撤廃する予定となっています。なお、銀行・ヤフーマネーからチャージしたPayPay残高での支払いに上限はありません。

セキュリティ面での課題は、スマホ決済をなるべく簡単に利用させたい運営側の意図が裏目に出てしまったとも言えるでしょう。

今後も使い勝手の良さとセキュリティのバランスがすごく重要となってきます。

スマホ決済サービス(キャッシュレス)が普及するための加盟店増加の重要性

PayPayアプリがどこお店でも使えるようになれば、財布がいらないキャッシュレス時代がやってきます。その為に重要なのが加盟店の増加、PayPayが使えるお店が増える事が最も重要になってきます。

全国にPayPayを広めるために、PayPayは凄いキャーンペンを2つ用意しました。

・100億円あげちゃうキャーンペン
加盟店の手数料3年間無料キャンペーン

100億円あげちゃうキャーンペは、私たちユーザーがスマホ決済サービスがどんなものか体験してもらうために行われているキャーンペーン。

加盟店の手数料3年間無料キャンペーンは、PayPay加盟店を増加させる為に仕掛けられたキャンペーンです。

この3年間手数料無料キャンペーンこそがPayPayが本気で加盟店を増加させ、キャッシュレス化を目指している事が分かる重要なポイントとなります。

加盟店の手数料は3年間無料&導入手数料も無料

私たちが当たり前のように利用している、クレジットカードや電子マネーは私たちが決済をする度に2%~3.5%の決済手数料を店舗側が負担しています。

ちなみに最も手数料が低いと言われている家電量販店でも2%が限界で、これ以上手数料が安くなる事がないとも言われています。なので小売店などの場合は、決済額が少ないため殆んど店舗で3%以上の手数料が当たり前となっており大きな負担となるので、導入を見送るお店が全国に多くあります。

この手数料が3年間も無料となれば、PayPayを試しに導入してみようと思う店舗は間違いなく増えます。今までクレジットカードや電子マネーを導入していない店舗でもPayPayが3年間も手数料無料で利用出来るなら、試しに使ってみようという輪が次々と広がります。

使える店舗が多ければ私たちユーザーはPayPayでの支払いが当たり前になるかもしれません。そうなれば、スマホを持っている中学生や高校生、大学生もスマホ一つで決済ができるので、財布がいらなくなる日も近くなるのです。

ペイペイが使える店舗はどこ?加盟店はこれから猛烈に増加する理由が凄い、PayPyaの時代が到来か。いまPayPayを利用できる店舗は正直多くありません。多くなければ使い道がない。まさにその通りですが、今後PayPayは間違いなく来ます!少なくとも1年後には様々な店舗で利用できるようになっていると思います。大きな店舗から小さな店舗まで日本中がPayPayを導入している可能性が高いかもしれません。...

PayPay(ペイペイ)アプリ最新アップデート情報

PayPay(ペイペイ)100億円あげちゃうキャンペーンが凄い(終了キャンペーン)

注意:こちらのキャンペーンは既に終了しています。

100億円あげちゃうキャンペーンの内容

キャンペーン期間:2018年12月4日~2019年3月末

  • PayPay加盟店にてPayPay決済でお支払いした方に、もれなくPayPay決済利用金額の20%相当のPayPayボーナス還元
  • キャンペーン期間中、PayPay加盟店にてPayPay決済でお支払いいただいた際に抽選を実施します。抽選の結果、当選者にはPayPay決済利用金額の全額相当のPayPayボーナスを還元

今話題のテレビなどでも特集されているPayPayキャンペ―ン内容はこの2つです。

20%還元ボーナスは全員がもらえる

PayPay決済額の20%がもれなく還元されます。抽選などではなく、全員に還元されます。

上限は1人月額5万円まで

上限は1人あたり月額5万円まで還元されます。20%還元ですので、25万円の買い物までは還元される計算になります。月をまたぐとリセットされますので、翌月も対象となります。
※25万×20%=5万円が上限となります。

100%還元で全額キャッシュバック

PayPay「100億円あげちゃうキャンペーン」のもう一つの見どころは「全額還元抽選」です。

■全額還元抽選とは

キャンペーン期間中、PayPay加盟店にてPayPay決済でお支払いいただいた際に抽選を実施します。抽選の結果、上記の確率にて当選します。
当選者には、PayPay決済利用金額の全額相当のPayPayボーナスを還元します付与上限は1回あたり100,000円相当です。1回あたり、上記抽選のうち最も有利な抽選に参加できます。

なんと抽選に当選するとPayPayで決済した全額がPayPayボーナスとしてキャッシュバックされます。

上限は10万円まで

この抽選には当選しやすい属性があります。

キャンペーンは100億円還元で強制終了

100億円あげるキャンペーンは予算が設定されており100億円の予算が還元され次第終了する予定となっていましたが、わずか10日間のキャンペーンで予算が尽きてしまい強制終了となりました。

今後も多くのキャンペーンを行う予定となっていますので随時更新を行います。