PayPay使い方

PayPayの送金機能が素晴らしい!家族や友達に残高を簡単に送られる

CMでもおなじみのPayPayの認知度は、ただいま急上昇中ですがPayPayの機能については、まだまだ認知がされていません。

実はこのペイペイは、今後の私達の生活を大きく変える革命的な通貨になるかもしれません。

なかでも、「送金」「現金化」については、今後便利な機能として多くの方に利用されるであろう素晴らしい仕様となります。当記事でこの2つ便利な機能について解説していきます。

PayPay(ペイペイ)残高の送金機能が素晴らしい

PayPay残高送金機能とは、家族や友達など本人以外のPayPayユーザーに自身のPayPay残高を送金(譲渡)シェアをすることができる機能です。

お父さん
お父さん
財布を忘れたから駅まで持って来てくれないか?
お母さん
お母さん
子供の準備しているから少し時間がかかるよ
お父さん
お父さん
あーどうしよう遅刻するよ
お母さん
お母さん
そうだ!ペイペイ送金するね
お父さん
お父さん
ペイペイがあったか!ありがとう
お母さん
お母さん
はい!送っておいたから確認して。
お父さん
お父さん
おっもう届いた!これで昼ごはんは大丈夫だね。

PayPayアプリをスマホにダウンロードをして、残高がなくても家族の1人がPayPay残高を保有、もしくはタイムリーにチャージが出来る環境を整えておく事で誰にでも送金、シェアが可能となります。

PayPay(ペイペイ)は友達と割り勘もできる!

友達とランチに行った場面でも、スマホからPayPayを送金するだけで割り勘などが成立します。PayPayがあれば、細かいお金のやり取りが不要になります。

友達
友達
美味しかったね
私
美味しかった!お会計いくら?
友達
友達
4800円だから1人2400円だね
私
じゃPayPayで2400円送るね。ピッ!
友達
友達
届いた!じゃ支払ってくるね。
友達
友達
お会計お願いします。PayPayで払います!
店員
店員
PayPayですね。4800円になります。ピッ!ぺいぺい♪

このようにPayPayを利用して割り勘をすると、とてもスムーズでストレスなく支払いを行う事が出来ますね。

友達の誕生日には、PayPayをプレゼントする事も可能です。もしかすると将来的にはPayPayがお年玉になる日も近いかもしれません。

今後はこのような次世代の支払い方法がスタンダードになるでしょう。その先駆けになるのがこのPayPayのスマホ決済サービスなのです。

便利な送金が手数料無料で利用できる

PayPay送金機能のすごい所は、手数料が完全無料で一切の手数料がかかりません。

PayPay残高の移行を何回やっても0円で済みますので、貸し借りや、割り勘なども気兼ねなくできる点も評価が高い機能です。

2019年6月からはYahoo!ショッピングなどのインターネット決済にもPayPayが利用できるようになります。家族間で送金を行い、プレミアム会員のIDで買い物をすると、PayPayボーナスも大量に獲得する事ができます。

Yahoo! JAPANカードからのクレジットカードチャージからの送金も可能ですので、チャージの設定が面倒な方や、PayPay以外の買い物でもポイントを貯めたい方はYahoo! JAPANカードがおすすめ。

クレジットカードチャージをしたPayPay残高を家族で共有する事で、家族みんなでいつでも還元を受ける事ができるのです。

おすすめ情報

クレジットカードチャージが唯一できるのがヤフーカードです。詳しい内容は公式サイトをご覧ください。

主婦、学生の方(高校生を覗く18歳以上の)でも応募が可能です。

PayPay(ペイペイ)送金のやり方・譲渡方法

PayPayを送金するのは以下の手順で行います。

  1. PayPay残高を保有(チャージが必要)
  2. PayPay残高の種類を理解する
  3. 実際にPayPayを友達や家族に送る
  4. 受取り処理を行い完了

この4つのステップで送金お行います。

PayPayを送るにはチャージをして残高を保有する

PayPayを送金する人が「チャージ」を行いPayPay残高を保有する必要があります。

現金又はクレジットカードの利用枠を、PayPayへ移すチャージが必要となります。

チャージが完了しPayPay残高を保有すると送金が可能となります。

送金ができるペイペイ残高はPayPayマネーだけ

送金に使えるPayPay残高は2種類あります。

「PayPayマネー」と「PayPayマネーライト」です。

・PayPayマネー=家族や友達にも送金と出金可能で制限がないPayPay残高

・PayPayマネーライト=送金や割り勘が可、出金は不可などの制限があるPayPay残高

ともに有効期限はありません。

※PayPayボーナスは、送金・譲渡が出来ません。

PayPayボーナスは、キャンペーンや通常還元で還付されるもので、送金など一部の機能が使えない制限があるPayPay残高となります。PayPayボーナスは有効期限は無く、PayPayボーナスライトは有効期限が60日間となっております。

という事で、PayPayを送金するにはPayPayマネー系の残高が必要だという事になります。

実際にPayPay残高を送金する手順

①PayPay残高を確認

②[スキャン支払い]をタップ

③QRコード読み込み画面[友達に送金する]をタップ

④「送金のあて先を検索」又は「QRコードを送金先の相手に読み取ってもらう」

⑤送金金額の入力・QRコードの場合は[リクエスト金額の追加]

⑥[送金する]又は「QRコードを受取相手が読み取って」送金完了

⑦受取り側が受取処理を行い完了
※受取り完了の処理は7日間の有効期限があり期限内に受取り処理が行われない場合は、自動的にキャンセルとなり、送金元へ返金されます。

 

 

クレジットカードチャージが簡単にできるYahoo! JAPANカードは、PayPayマネーライト残高を家族で共有する事できます。送金予定がある方はぜひご利用下さい。

おすすめ情報

クレジットカードチャージが唯一できるのがヤフーカードです。詳しい内容は公式サイトをご覧ください。

主婦、学生の方(高校生を覗く18歳以上の)でも応募が可能です。

PayPay残高を出金・現金化ができる新しいPayPayマネーとは

PayPayでは新たに、ペイペイ残高を出金できる機能が10月1日より追加されます。この機能が追加されると、PayPayは少額の銀行口座代わりにもなります。

新たなPayPayマネーを保有していると、通常通り買い物での利用はもちろん、残高の現金化が可能となり、送金までできるとなればとても便利な世の中になります。

「買い物」「現金化」「送金」が一つのアプリで行えるとなれば、私たちの生活を変える革命的な通貨となります。

PayPay(ペイペイ)新しいマネー(通貨)の使い方

今後、出金できる新しいマネーを提供予定です。との記載がありますが新たなマネーの登場でPayPayは3種類となります。

  • PayPayライト⇒加盟店・送金可能で制限が少ない
  • PayPayボーナス⇒加盟店のみ利用が可能
  • PayPay新マネー⇒加盟店・送金・現金化が可能

 

上記のように仕分けられます。

PayPayライトはクレジットカードからのチャージが可能ですので原則、現金化が認められません。

PayPayマネーは、銀行口座から「現金チャージをした残高・ヤフオクの売り上げ残高・ATMからの入金」のみ現金化が可能となります。Yahoo!子会社のジャパンネット銀行口座を保有しているとPayPay出金手数料0円の優遇が受付られますのでこの機会にジャパンネット銀行口座を新設するのも良いかもしれません。

また ジャパンネット銀行での現金化は即日可能となりました!その他銀行の場合は翌日〜4営業日とタイムリーに出金できないデメリットがありますので、出金機能を利用予定の方は、ジャパンネット銀行がおすすめです。

ジャパンネット銀行
詳細ページ

PayPayマネーが便利すぎる!おすすめの利用方法

PayPay新マネーがあれば、私たちの生活はとても便利になります。

お父さん
お父さん
もしもし!今晩の飲み会で現金が必要になったから振込んでくれない?
お母さん
お母さん
銀行行く暇がないからペイペイ送金しておくから現金に交換してコンビニで出金してくれる?
お父さん
お父さん
ペイペイがあったか!ありがとう
会社の後輩
会社の後輩
お疲れ様です!一緒にお昼行きませんか?
お父さん
お父さん
まずい・・持ち合わせが・・・そうだ!ペイペイで払えるな
会社の後輩
会社の後輩
ごちそうさまでした!
お父さん
お父さん
助かった!・・・ペイペイ本当に便利だな。早めに現金化しとかないとな。

急に現金が必要になった時や財布にお金がない時にPayPayがあれば、送金・現金化・買い物ができるようになると、とても便利で使い勝手のよいアイテムとなります。

しかも、スマホのアプリ内でタイムリーに処理を行うことが出来る点もPayPayのメリットは大きくなります。

まだPayPay新マネーの運用は始まったばかりですが、現金化については近い将来この仕様がスタンダードになるでしょう。